プロフィール


団体名

 Architive Design Yamanashi Project 2030

(アーキティブ デザイン ヤマナシ プロジェクト 2030) 

 

設立年月日

 2012年1月25日

 

 

活動目的

 ADYP2030とは「アーキティブデザイン山梨プロジェクト2030」という団体名または活動名の頭文字から生成された呼称です。「アーキティブ(architive)」とは我々の活動をより動的に表すために建築(architecture)と活動(active)からつくられた造語となります。
呼び方は「エディー」「エディープロジェクト」などで良いと思います。
我々はリニアモーターカーが甲府に伸延するタイミングや生涯独身率などが大きく変わろうとしている2030年という時代を節目に設定し、人口及び所得が減少するであろうこれからの時代に生き残る地域像を我々の生れ故郷である山梨を題材にし調査・研究し、自由な立場から建築的な活動及び提案をして行くことにより生れ故郷を存続させる団体を目指しています。2012年の1月から活動しています。

  また、今後はこの団体がプラットフォームとして機能することも視野にいれながら組織を拡張して行くと同時に、同様の理念を持つ団体とも積極的に連携しながら活動して行く方法も探っています。
我々の生れ故郷を建築的な活動や提案により存続させるという想いを共通理念としながらスタディをすることが、山梨の存続だけではなく広く様々な地域の活性化に繋がり、全ての人が豊な生活を継続して営むことができると至福に思います。

 

 

お問い合わせ

adyp2030@gmail.com